スポンサーリンク

世界ランキング4位の五十嵐カノアが1位通過でR3進出!CT2022第7戦エルサルバドル

スポンサーリンク
スポーツ

WCT 2022 第7戦『Surf City El Salvador Pro』が、本日3〜4フィートの波でエルサルバドルのプンタ・ロカ(別名ラ・プンタ又はプンタ・チラマ)という有名なレギュラーポイントブレイクで開幕。ウイメンズのラウンド1~2と、メンズのラウンド1を実施。

現在世界ランキング4位の五十嵐カノアは、Round 1でコナー・オレアリーとワイルドカードのカルロス・ムニョス(CRI)と対戦。途中サーフボードを折りながらも華麗なエアリバースを決めるなどで見事1位通過でRound3進出した。

五十嵐カノア「2本目でサーフボードが折れたけど、自分のメンタルは折れなかった。シャープアイには良い板をたくさん削ってもらっているので、どの板でも調子の良いサーフィンが出来るので有り難い。Round3に向けて頑張りますので、応援よろしくお願いします。」

Photo WSL / Thiago-Diz
Film by

コメント

  1. ボードは折れたけどメンタルは壊れなかったことなので

タイトルとURLをコピーしました