【興収ランキング】ヒロアカ急浮上

スポンサーリンク
Film & Animation

●『偶然屋2 闇に揺れるツインテール』(小学館文庫)
https://amzn.to/3CGIqss
『駄菓子屋ファウストの悪魔』
https://t.co/xohwIPsL9K?amp=1

●記事内容
9月11日~12日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。今週は、「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション」(東宝)が、土日2日間で動員10万1000人、興収1億5500万円をあげ先週の4位から再浮上、公開6週目にして2度目となる首位を獲得し、累計では動員213万人、興収29億円を突破した。8月29日から配布され好評だった第2弾入場者プレゼントに続き、11日からスペシャルメイキングブックの配布がスタート。

先週首位でスタートの「シャン・チー テン・リングスの伝説」(ディズニー)は、土日2日間で動員7万9000人、興収1億2900万円で2位にダウン。累計では動員39万人、興収6億円を突破した。

公開から9週目を迎えた「竜とそばかすの姫」(東宝)は今週3位に。累計では動員429万人、興収59億5000万円を突破。2015年に公開され58億5000万円をあげた「バケモノの子」を抜き、細田守監督作品の興収No.1記録となった。

先週3位でスタートを切った「科捜研の女 劇場版」(東映)は、4位にランクイン。「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦 ファイナル」(東宝)はワンランクアップの5位、「ワイルド・スピード ジェットブレイク」(東宝東和)はワンランクダウンの6位、公開から10週目を迎えた「東京リベンジャーズ」(ワーナー)は7位をキープ、「孤狼の血 LEVEL2」(東映)はワンランクアップの8位と、1位から8位既存作品が占めた。

コミック、アニメだけでなく、舞台ミュージカルなどで幅広い層に人気を博す「テニスの王子様」シリーズ初のフル3DCGアニメーション映画で、先週圏外でスタートを切った「リョーマ! The Prince of Tennis

コメント

タイトルとURLをコピーしました